極東最前線~ゆっくり生きましょう~

自由気ままに色々書いていきます。レビュー記事メインかも

レビュー:「いる。」~怖すぎる投稿映像13本~

こんにちわはじめまして。当ブログ一発目の記事はホラー動画レビューでもやりたいと思います。

今回ご紹介するのはこちら。

 

「いる。」~怖すぎる投稿映像13本~

www.dmm.com

 

<作品パラメータ>

おすすめ度:C

クオリティ:C

コストパフォーマンス:C

期待度:C

 

A すごく良い/B 良い/C 普通/D 悪い/E 最悪

 


十影堂エンターエンターテイメントという映像制作会社がリリースしている投稿系心霊動画集です。何気ない日常の風景にしれっと幽霊さんが映りこんでいるというのが本作のコンセプトのようで、(怪奇現象を除けば)映像自体はいたって普通のホームビデオ風のものが多いです。投稿者インタビューやスタッフの検証といったものは一切入っておらず、この辺はシンプルに徹底されているようです。テレビの怪奇番組等でも取り上げられているようで、類似の作品である「ほんとにあった呪いのビデオ」と同じぐらい知名度はある模様(筆者は全く知りませんでしたが)

 

さて、気になる中身の方ですが、予告編のナレーションいわく「日本全国から送られてきた投稿映像の中から、心霊動画の専門家達が嘘偽りのない本物だけを厳選して収録した・・・」とのこと。

 

「心霊動画の専門家」ってなんぞ??(@_@)

 

初めて聞く職業です。何か資格みたいなものはあるんでしょうか?鑑定料は映像一本につきいくらぐらい?主にどういう分野で需要があるんでしょうか・・・・・?

 

・・・・・等々色々ツッコミを入れたくなりますがともあれ、そこまで強調するからにはそれなりのクオリティなんだろうと半分期待して観たのですが・・・・・

 

 

うーん、いまいちな感じでした。

 

まず全体的に映像が作り物っぽい。嫌な言い方をすれば低クオリティ。「ほん呪」に出てくるような「もしかしたらあり得るかもしれない」っていうリアリティのある怖さは感じられませんでした。ナレーションやBGMで怖さを盛り上げようとしているのはわかるんですが、肝心の映像がフェイク臭プンプンなのでそこが非常に残念なところ。

加えて取り立ててすごく怖い映像というものもないので、タイトルに釣られて観るとちょっと肩透かしを食らうかもしれません。ただ、この手のホラーものが苦手っていう人にとってはこのレベルでも十分怖いと感じさせてくれる作品だと思います。

 

ちなみにこの作品自体は以前DMMで期間限定で無料配信していたのを観たもので、時間が結構経ってしまったこともあり、所々記憶があいまいな部分があります。かといってもう一回買って観るほどのものでもないので今回はうろ覚えの状態でざっくりとレビューしていきたいと思います。

後、各チャプターのタイトルは忘れてしまったので、ここでは筆者が便宜上勝手にタイトルを付けさせてもらいました。
なのでここに書いてあるのは正しいものではないことをご了承願います。

 

・・・ではいきましょう。ネタばれしているので注意です。

 

 


<吊り橋>
とある観光スポットに来た若い男女二人。大きなつりばしを渡りながら楽しそうにカメラを回していると、吊り橋の向こうから老婆(?)がこちらに向かって手招きしている姿が。一回フレームアウトして再びカメラが吊り橋の向こうを映すが、すでに老婆の姿は消えていた。

*映り方が自然な感じで悪くないと思います。ただ、手招きするのはなくてもよかったかな。ただ突っ立てるだけの方が不気味だと思いますが。

 

<高速道路>
高速道路に設置されている監視カメラの映像。多くの車が次々にカメラの前を横切って行く中、一台のトラックの荷台の部分から人の影のようなものが突き出ている。当然荷台には誰も乗っていない。

*わかり辛い映像。問題の箇所が出てくるまで結構な時間待たされるので段々霊とかどうでもよくなってきますw。その割には地味。


<UFO>
UFOが出たという話を聞きつけ、カメラを手にビルの屋上へと昇る投稿者。同伴した友人の指示する方向にカメラを向けるがなかなかUFOの姿を捉えることができない。カメラを左右に動かしていると突如画面の右上に血の気のない足が映りこむ。
ここのビルでは昔、女性が自殺したのだとか。

*UFO映像と思いきや全く別のものを映してしまった、ということでしょうか。足が妙に鮮明に映っているのが気になりました(そもそも周囲の風景とピントが合っていない)。後、カメラを横に動かした時に一瞬パイプのようなものが横切るんですが
そこに顔が映っているように見えました。筆者の見間違い?

 

<DV>
ドメスティックバイオレンスを受けている女性が証拠として隠し撮りした映像。荒々しく話す夫らしき男性。彼が席を立った次の瞬間、壁にかかっているカレンダーの後ろから髪の毛のようなものが現れる。

*女性の恨み?が現れたのでしょうか。壁を這うようにズルリと出てくる髪の毛の動きが気持ち悪い。後、これって「何気ない日常の風景」ではないですよね?思いっきり隠し撮りだし、DVだし、作品の趣旨からちょっとずれてません?


<UFOキャッチャー>
ゲーセンでUFOキャッチャーに講じる投稿者とその友人。カメラが台の中を映すと取り出し口付近に髪の毛(頭?)が。

*景品は幽霊ですw。それはともかく、かつらを置いただけのようにしか見えないので怖さはナシ。むしろ滑稽に見えてしまった。


<ギターの練習>
ギターの練習風景を録画した映像。ギターを奏でる投稿者の後ろの机には一体の人形が置かれている。順調に演奏が進んでいく中、人形の髪の毛が少しづつ伸びていく。

*本作のなかでは唯一リアリティがありました。時間の進行と共に徐々に髪が伸びていく様子は地味ながら怖い。


<樹海>
富士の樹海を探索する撮影者と友人。しばらく歩いていると遠くの木にぶら下がっている人の影が。慌てて近づいてみるがそこには何もない。困惑してカメラを下に向けたその時、青白い手が出てきて友人の足首をつかむ。後日、この友人は原因不明の熱にうなされたという。

*出てきた手がどうにも合成にしか見えないです。後、樹海で首つり死体を発見したら普通逃げると思うけど、なぜかこの二人は死体のある方向に走り寄っていった。この行動がなんか不自然。後日譚もありがち。


<ビデオレター>
結婚を控えた友人(先輩だったかもしれません)に向けてビデオレターを撮ることになった投稿者と友人。カメラに向かってお祝いの言葉をかける二人の背後にあるカーテンに人影が映り、通り過ぎていく。

*映像自体は悪くないと思います。でもやっぱり地味かな。カーテンの奥から誰かがのぞき込んでるとかだったら怖さアップしたかもしれないですが。

 

<ゴルフ場>
ゴルフ場でスウィングの練習風景を映した映像。芝生の上にカメラを置き、クラブを振る撮影者。一通り終わってカメラを取りに撮影者が歩いてくると突如画面の下から女性と思しき顔が現れ、こちらをのぞき込む。

*純粋に怖い映像です。物言わずこちらをじっと見つめる顔が不気味。


<キャッチセールス>
家の前に設置した防犯カメラの映像。(これも記憶があいまい。キャッチセールス対策に隠しカメラを置いたっていう気も・・・)
しつこく勧誘するセールスマンの男性。その男性の腕を血まみれの手がつかむ。

*ナレーションによるとこの手は守護霊だそうで、キャッチセールスに悩む住人(投稿者?)を守るために出てきたんだとか。ありがたいのはわかるけど手が血まみれなのはなぜ?


<釣り>
堤防で釣りをする様子を撮影した映像。カメラが岸壁を映すと海の中から這い上がってくる男性(?)の姿が。

*「よっこらせ」と上がってくる感じで怖さよりもコミカルさがある映像。海でおぼれた人の霊でしょうか。


<マネキン>
美容師の専門学校に通っている投稿者がカットの練習風景を撮影した映像。練習用のマネキンの髪を切っていると不意に目がパチパチと瞬きする。

*先の髪が伸びる人形と同様、地味ながら不気味。人形は魂が入りやすいのでしょう。何となく予想の付く現象だったのが残念。もうひとひねり加えてカメラを睨みつけるとかだったらもっと怖かった。

 

<廃墟>
とある廃墟を探索しにいった際に撮影された映像。投稿者たちが廃墟の中を歩き回っていると一台のさびれたゴンドラを発見。
ゴンドラの中に入ってはしゃいでいると天井からさかさまになった女性の顔が現れる。

*さかさまになった女性の表情が怖い。投稿者たちに「帰れ」と警告しているのでしょうか。


以上、ざっとでしたがこんな感じです。個人的には人形の髪が伸びるやつが一番インパクトありました。人形系の動画があまり出回ってないだけに新鮮に感じます。

一方で冒頭でも書いた通り、映像の作り方が雑なチャプターが多く、画像を切り貼りしている感じが出ていて少し興ざめです。
見た目のインパクトも人形のやつを除けば比較的おとなしめ。「ほん呪」とかと比べると印象に残らないものが多かったです。

 

ちなみにこの作品はシリーズ化されていて実はVol.2も観たんですが内容をほとんど覚えてないのでここではレビューしないことにしますww(今のところVol.14までリリースされていて総集編もあるようです。ご興味のあるかたは是非。)

 

ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。次回も別の作品でレビュー記事を書こうかなと思います。(^^)/