読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極東最前線~ゆっくり生きましょう~

自由気ままに色々書いていきます。レビュー記事メインかも

レビュー:超凶悪霊 呪われた投稿映像13連発

ホラー レビュー

どうも。以前から書き進めていたホラー動画レビューもようやく脱稿したので久々にうpしたいと思います。

いやーこういうのって気が乗らないとなかなか筆が進まないもんですね・・・。

 

今回の作品はこちら。

 

超凶悪霊 呪われた投稿映像13連発

www.dmm.com

制作は「いる。」シリーズでおなじみの十影堂エンターテイメント。「撮影者やその場にいる者に危害を加えんとするほどの超凶悪な霊」が本作の売りのようです。日常の風景に偶然霊が映ってしまった「いる。」に対して、「超凶悪霊」では霊そのものが悪意を持って迫ってくるというある意味「いる。」シリーズとは真逆の方向性になっています。

タイトルに「超凶悪」と書いてあるのでさぞかし衝撃的な内容かと思いつつ観ましたが・・・。

 

 

うーん、十影堂クオリティーという感じ。 

 

 

「いる。」が微妙だったので逆に期待していた所もあったのですが、映像面ではやっぱり作り物っぽさが残っている感じです。「超凶悪」ということもあってか、あからさまに凶器を構えている霊も出てきたりしますがこれはやめたほうがいいです。なんかゲームに出てくる敵キャラみたいなビジュアルなので、怖さよりも滑稽さの方が目立ってしまっています。言い換えれば悪ノリしすぎ。あからさまに怖がらせようとする意図が見え見えなのは恐らく狙っている部分もあるのでしょう(そもそも超凶悪と銘打っている以上、それなりのインパクトは必要だと思いますが)

 各映像の前振りが長すぎるのも気になります。もうちょっとうまく編集して飽きない程度の尺にしてほしかった。

 

前置きはこのくらいにしてさっそくチャプターのレビューに行きたいと思います。余談ですがこの「超凶悪霊」シリーズも「いる。」シリーズ同様映像は13本でまとめられているみたいです。心霊だけに「13」という不吉な数字を使っているのでしょうか?後視聴している最中に突然画面が消えて冒頭に強制的に戻らされたんですがこれは霊障でしょうかww?

 

<雨宿り>

専門学校に通っている学生達が学校が開くまでの間暇つぶしに撮った映像。楽しそうに談笑する中、学生の1人が飲み物を買いにいく。戻ってきた学生の後ろから大きな鎌を持った腕が現れる。振り下ろされる鎌。異変に気付いてパニックになる撮影者。映像に映っている学生は後日事故で体に大きな傷を負ったらしい。

*前振りが長すぎる。霊が持っている鎌がいかにも死神っぽくて逆にリアリティに欠ける。振り下ろす動きも人間臭い。

 

<殺人トイレ>

かつて殺人事件があったとされる公衆トイレに興味本意にやって来た投稿者達。ここは心霊スポットにもなっているらしい。中に入ると奥の個室からこちらをのぞく何者かの姿が。後日、投稿者は精神に異常をきたしたらしい。

*なんとなく展開が読めてしまった。ナレーションいわく「出ていけ」という声も入ってるとのことですが筆者には聞こえず。薄暗いトイレの雰囲気は日中にもかかわらず不気味。

 

<山の中で>

とある映画の製作スタッフがロケハンをしている映像。深夜の山の中をさまようスタッフ達。しばらくすると髪の毛(?)が巻きつけられた竹を発見。気持ち悪がりながらもスタッフの1人が髪に触れる。もう1人のスタッフが先に進むように促すが髪に触れたスタッフはじっとして動かない。不審に思って近づくと突然スタッフが襲いかかる。その手には口が現れている。

*憑依されたということでしょうか?手に口がついてるのを見るとナルトのデイダラを思い出します。

 

<カウントダウン>

山頂で年明けを祝おうとカメラを回す投稿者達。カウントダウンが始まり、年が明けたと同時に酒を飲み始める。楽しそうな雰囲気で今年の抱負を話し始めると背景にある木の陰に女性の姿が。驚いた投稿者がカメラを下に向け、再度木の方を映すが先ほどの女性は消えていた。怖くなってその場から逃げ出すと、道路に停めてあった車が突然走り出し投稿者達に突っ込んでくる。その車の屋根の上には先ほどの女性が乗っていた。投稿者達は大怪我をして入院したらしい。

*最後のシーンはやりすぎ。車の屋根に女性がへばり付いている姿が滑稽すぎて怖さは無し。

 

<合コン帰り>

合コンの帰り道で撮影された映像。先輩?と話しながら駅のエスカレーターを降りていく投稿者。エスカレーターを降りてしばらく歩くと突如戸惑った様子の二人。どうやらホームを間違えたようだ。昇りエスカレーターで再度元来た道を戻る。エスカレーターを降りてカメラが振り向くと手すりの部分に女性の顔のようなものが。その顔は憎悪に満ちた表情をしている。

*この映像って何を目的として撮影したんでしょうか?正直思い出に残すようなものでもないと思いますが・・・。肝心の映像は予想通りというか、エスカレーターが出てきた時点で「ああ、この手すりの部分に何か出るな」とわかってしまった。

 

<自己PR>

婚活用の自己紹介ビデオ。しどろもどろになりながらカメラに向かって特技や趣味を話す男性。最後に照れくさそうにしながらお辞儀をすると背後の壁に女性の姿が。その手には包丁が握られており、男性の背中を突き刺すかのように振り下ろされる。

*男性のしゃべりが妙に芝居がかってるのが気になる。背後に現れた女性は確かに不気味ですが包丁まで持たせなくてもよかったような気がします。

 

<おとり捜査>

脱法ハーブのおとり捜査の様子を隠し撮りした映像。売人らしき人物に話しかけると薄暗い建物の中へ案内される。灰皿の上にハーブを置き、火をつける売人。ハーブの匂いを嗅ぎながら捜査官に吸うように促す売人の背後に女性らしき顔が現れる。

*シチュエーションだけでも十分やばい感じだけど、売人の背後に現れた女性の顔の表情が何とも言えない怖さがある。こういう地味だけど何か訴えかけてくるような映像の方がリアリティーありますな。

 

<自撮り棒>

若いカップルがある展望台で撮影した映像。携帯に自撮り棒を取り付けて外の風景をバックに撮影していると男性の背後から目を見開いた顔が現れる。

*この霊はリア充に妬みを持っている生霊なのかww?それはさて置き、出てきた顔がいかにもな「怨霊」っていう感じでベタだなーと思ってしまうがそれなりに怖さはある。

 

 

<散歩の途中>

ふたりの学生が授業の合間に学校の近くを散歩した際に撮影した映像。河川敷の土手に座って風景を映していると土手の階段を這って登ってくる男性?の人影のようなものが。

*這ってくる男性がこちらをにらんでいるように見えます。見た目も動きもいかにも霊って感じで不気味ですが、その分作りものっぽさが出てしまっています。

 

<異界へとつながる橋>

男女2人が川の近くを散策している映像。川をまたぐ小さな橋を渡っていると突然女性が苦しみ出してその場にうずくまってしまう。慌てた男性が助けを呼びに行こうとすると橋の両端から赤い服を着た女性が現れてカメラを持っている男性に襲いかかる。

*迫ってくる赤服の女性の動きがもろに人間っぽい。お化け屋敷に出てくるお化けみたいに見えます。

 

<泥酔>

カラオケで撮影された映像。歌っている女性は相当酔っているらしく、終始フラフラの状態。すると突然、歌っていた女性がその場に倒れる。慌てて友人らが近づくと女性はゆっくりを体を起こして放心状態に。その時、彼女の背後から現れる鎌を持った女性らしき人影。

*この作品って幽霊に武器持たせるの好きですね。後、著作権の関係で流れている歌をカットしているあたり、制作スタッフの心遣いを感じます。

 

<幹線道路>

ドライブの様子を映した映像。しばらく町中を車で走っていると突然車の調子が悪くなる。車を降りて点検を始める投稿者と友人。特に問題は見当たらず、困惑してる二人。すると車の後部座席の所にこちらを睨む顔が。

*車に憑りついてる霊でしょうか?全然関係ないけど車絡みの怖い話と言えばファンキー中村さんを思い出してしまうのは自分だけかw??

 

<心霊取材>

心霊スポットにいったという男性をインタビューしている映像。場所はどこかの山の中にある東屋のようだ。話を進めていくうちに男性の様子が次第におかしくなっていく。そしてついに発狂して暴れだす男性。必死に止めようとするスタッフ。その拍子に設置してあったカメラが転倒してしまう。倒れたカメラの映像に映りこむ複数の男性と思われる顔。

*これもなんかありがちなシチュエーション。映っている顔はそれなりに不気味。

 

以上です。「超凶悪」と銘打っているあたり、それなりにインパクトのある映像が多かったですがやっぱりどこかやり過ぎてる感じが出てしまってそこが興ざめ。筆者としてはさりげなく、でもぞっとするような、そんな感じの作品を求めているのですが。この作品も例によってシリーズ化されていますが、第一作目がこれだと以降の作品にはちょっと手が出ないかな。

 

以上、後半から雑になってしまいましたがレビューでした。